不定期更新です


バナー画像ですが、直リンク出来ませんので、
お持ち帰りで宜しくお願いします。

★ 2016 秋M3 応援 ☆

Piano collection 路地裏ウタカタ通リ さわべすと。 べつのせかい/FataMorgana

★ 応援しています ☆


★ 同人音楽関連の応援 ☆




















★ WEB拍手など ☆




2013年冬コミ little slow step様の企画に、
自分も参加しました。


2014年秋M3 Speeeeed!!様の企画に、
自分も参加しました。



ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Aster Complete Tracks Plus
Aster Complete Tracks Plus (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS

★なないろ夢日記☆ (管理人 半蔵)
LogoDesign HInase Shizuki Thanks!!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2016 秋M3 応援リスト

JUGEMテーマ:同人音楽

2016年 10/30日(日曜日)東京流通センター(TRC)にて開催されるM3で、
個人的に注目&応援しているサークルのリストを掲載した日記です。

こちらのリストは主にサークル名 作品名 スペース番号を記載しています。
参加されるサークルの情報を全て網羅する訳ではありませんので、ご了承下さい。

M3公式ホームページ
M3 公式HP


ブログ公式URL http://nijidayone.jugem.jp/

 

ブログ公式バナー

画像の直リンクが出来ませんのでお持ち帰りで宜しくお願いします。

 

有難うな気持ち。 いつも参考になっております!

2016秋M3チェックリスト (音の迷宮)


------------------------------------------------------------------------------

 

第一展示場

 

スペースNo. A-01a Sugar Bunny*

「Spookids!」

 

スペースNo. A-01b Mamyukka

「世界空想楽大系」

 

スペースNo. A-02ab Ether

「闇堕精霊譚」

バナー大

 

スペースNo. A-03a SYNC.ART'S

 

スペースNo. A-03b ViViX G5 Project公式ウェブサイト

ViViX 秋M3 2016秋販売物情報

「G5 2016」秋M3先行販売 ※2016年 11/2日正式リリース

「G5 10th Anniversary Best」秋M3先行販売 ※2016年 11/2日正式リリース

 

スペースNo. A-012b 感傷ベクトル

 

スペースNo. B-04a The Root of Heads

「Star's Voice」Meis Clauson × Rita

 

スペースNo. B-04b Primary

 

スペースNo. B-06ab ABSOLUTE CASTAWAY

「Cross bouquet」しちごさん。×ABSOLUTE CASTAWAY

 

スペースNo. B-13a CROW'SCLAW

 

スペースNo. B-13b Powerless Sounds

 

スペースNo. B-14ab Mintjam

Light me Up

 

スペースNo. C-01b Studio Lepus

 

スペースNo. C-03b son voyage

「誓いの夜明け This rose will never die」

 

スペースNo. C-06b Metomate

「Piano collection 機

 

スペースNo. C-08a すかいあ

「消えた宝石箱の冒険」

 

スペースNo. C-08b いなばめぐりたい

マイソロジー」1st Album

 

スペースNo. C-10a AktionField

「Piano Actor」

 

スペースNo. C-14a Lamberti phil from MiddleIsland

 

スペースNo. C-20b Sator

「シノニム-境界の砂時計短編集-」

 

「譲り葉の祠へ魂結びを」C-20b / サ-10a 両スペースにて頒布

 

スペースNo. D-03a MUSIRISCA

「FILOU E.P.」

 

スペースNo. D-08a in the blue

「イデアの森 -Forest of IDEA-」

 

スペースNo. D-17a ali-color

「春告の贄」

 

スペースNo. D-20b StudioΦ

「Session In Precious Alcohol」

 

152Hz 「eight heart」(当作品はSONOCA)

スペースNo. E-09a Unknown - Dimension にて委託頒布

 

スペースNo. E-11ab 君の音。 / くらやみ横丁様 / Episodes&Melody

「少女の海から」

 

スペースNo. E-23b airy bird

「三毛猫探偵と午前0時の時計台。」

 

スペースNo. G-06ab re_projects

「地天テレスコオプ」remof

 

スペースNo. G-07a Laralastudio

「Improvisation Life」

 

スペースNo. G-10b PRIMAMATERIAL

帰り道

ワスレラレモノ

クローズド・イクオール

 

スペースNo. G-13a 7uta.com

「クロニクル」とんかつぺんぎん(まもも×nayuta)

 

スペースNo. G-13b FROZEN QUALIA

「カレイドスコープ」

 

スペースNo. G-15a Caprice Cafe

「SensitiveEgoist E.P.」

 

スペースNo. G-17ab tokyo babel

Sputnik Sunrise

 

スペースNo. G-23a BouQuet*(如月梢高橋そら)

 

スペースNo. H-14b Gungnir over rev

 

スペースNo. H-17b Corky Voce

「ガタロ -ネオンテトラ-」委託作品

 

スペースNo. I-13a AZURE FACTORY

 

スペースNo. I-15a 冬虫夏草

 

スペースNo. I-18b あまふわんしぃ

「花蜜ホリック」

 

スペースNo. I-19a A little bit

「路地裏ウタカタ通リ」

 

スペースNo. I-19b THE ROOM OF SHOW IKEDA

「真昼の月」 DL型新譜

作品イメージアクセサリー・旧作CD・他アクセサリー(メンズもあります)

上記の情報は池田さんのTwitterから引用し掲載しました

 

スペースNo. J-02a TinyPeace!

「Colorless World」

 

スペースNo. J-06a SWORD OF JUSTICE

 

スペースNo. J-07b Tetra Edge

further away ep

 

スペースNo. J-10b Re;Re

 

スペースNo. J-11a Release hallucination

「Chronostasis」4th Single

 

スペースNo. J-14b ALLEGORY WORKS

 

スペースNo. J-15b 三ツ星☆リストランテ

「屋根裏美術館 -West Wing-」At the Garret

 

スペースNo. J-22a Lamento

「千年月姫 Filia regis lunae mille anni - Caput Primum」

 

スペースNo. K-02ab Sprite Wing & ShibayanRecords出張所

 

スペースNo. K-21b 黄昏の旅団

「daybreak」Junsei

 

スペースNo. L-01a ZERO SOUNDS

「ROBORHYTHM」

 

スペースNo. L-01b Souwer cherry

「さわべすと。」ベストアルバム

 

スペースNo. L-02a Eine Kleine

 

スペースNo. L-14b YAMAGEN'S DEVILELIET

TSD-01」エフェクター

「The Fluency アコースティックギターソロ TAB付五線譜面」

 

スペースNo. L-20a FataMorgana

「べつのせかい」SnowApple×I.L.C -Image Leaf Craft-×時栗宮子×FataMorgana

 

スペースNo. L-20b Kattria

「Into the Story」

 

スペースNo. N-02 Resonant Sound

 

スペースNo. N-03 Zephyr Cradle

Fragments」聖剣伝説Legend of Manaオンリーアレンジ

 

スペースNo. い-02a ピクセルビー

 

スペースNo. え-15b ESQUARIA

 

スペースNo. お-38a マヱムキロジック

「旅ノ途中 ~with Dragonquest~」

 

スペースNo. か-01a こすもぽりたん

「KISS&CRY!!」

 

スペースNo. ク-10x takrockers!!

 

スペースNo. ケ-21a Aether

 

スペースNo. ケ-21b Levo Lution

 

スペースNo. サ-02a TEPS

TEPSSS

 

スペースNo. サ-39b AIHISNA

「無原罪の御宿り」

 

スペースNo. サ-40a Speeeeed!!

Individual desire magazine Speeeeed!! vol.2.5

 

スペースNo. サ-42b E*Project

「Festival」

 

------------------------------------------------------------------------------

 

各種リンク、作品情報などの記載ミス、不備等もあるかと思いますので、
その際には御指摘を頂けますと凄く助かります。随時更新予定です

 

半蔵

| M3応援 | 23:28 | - | - |
2015 秋M3応援「10」
JUGEMテーマ:同人音楽

2015年 10月25日に開催される 秋M3 にて個人的に気になっている作品/サークルを
紹介する日記となります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

pastyle + Foxtail-Grass Studio 「Melangelic Tone」

【M3 2015秋】Melangelic Tone | pastyle + Foxtail-Grass Studio
頒布スペース H-18a

LAZさんとハムさんの合同作品となる本作は、
それぞれの曲をリミックスした曲や、共同の曲など、
個性的な作品つくりをしていて面白いです!

同じ曲でもリミックス次第で全然印象が違って聴こえてきますし、
リミックスは原曲との違いもだけど共通する部分を探すのも楽しいです。
(ある意味オマージュ的な感じでもあり)
アップテンポな曲もあれば切なくも力強い曲もあり、
ダークな雰囲気がみえてくるノスタルジーな曲、清涼感のある憂いを表現した曲など、
其々が主役となりえるトップギア全開の内容となっています。

全体的にはデジタルサウンドが強めですが、
音の輪郭や押し引きのタイミング、音の切れ味や起伏の鋭さ、
デジタルサウンドならではの音の躍動感を堪能できるのが凄く魅力的ですね!

個人的に好きな曲は、Tr1・Tr3・Tr5・Tr6です。
でも本当全曲どんな感じのフルバージョンになっているのかメッチャ気になりますし、
フルを聴いた後、また各曲の印象や感想も変化しそうで、ワクドキっすね!

イベント頒布のほかにショップ委託もされますので(メロンブックス 予約ページ)
試聴で気になった方は是非チェックしてみてくださいね!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Sancarea Record 「STAR PLACE」


頒布スペース い-04a

イシザワユカリさんの最新作は全5曲が収録されています。
今作はオリジナル小説(特設サイトで公開中)を原作とした曲で構成しており、
宇宙をテーマにした曲が集まっています(特設サイトに書かれた作品情報を引用しています)
全曲ボーカルはイシザワユカリさん御本人です(作詞と小説も氏が担当)

Tr1
暖かさや元気が湧いてくるドラマティックなナンバーとなっています。
デジタルサウンドですが音の温もりや持続性をキチンと感じさせるのが印象的です。
イシザワユカリさんのボーカルも機械的な加工を含ませつつ
伸びやかなスケールで想いを描き歌い上げているが眩く伝わってきます。
エネルギッシュでポジティブな場景はトラック1に相応しいなと!

Tr2
憂いや切なさを透明感と煌きのあるサウンドで描いたナンバーとなります。
(聴き心地の良いリズム・ビートも見逃せないポイント!)
狂おしいまでに大切な想いを写したような、でもけして窮屈に感じない想いの吐露、
清涼感や瑞々しさを音と歌が作り上げていき想いを育んでいきます。
大切な人の事を思い浮かべながら聴きたくなるロマンティックな感動が見えてきます。

Tr3
抒情的な要素が強いノスタルジックな楽曲です。
切なく儚いメロディと歌が紡ぐ想いの行方はどこまでも素直で意思のある、
随所に心をキュッと締め付ける描写が映りだすのが印象深かったですね。
バンドサウンドを曲にうまく取り入れつつメロディアスな旋律を生み出していきます。
バラード系ですが情熱的な部分も多々あり、それは歌声に関しても言えることです。

Tr4
澄み渡るようなサウンドの鮮明さと躍動感が魅力的なナンバーとなります。
ミドルテンポですが実際の速度以上に躍動感や疾走感を感じさせて、
トランスやテクノの音の繰り返しを効果的に生かしているのが伝わってきます。
そうしたノリの良いデジタルサウンドをバックに
イシザワユカリさんのボーカルも伸びやかに聴こえてきます。
爽やかさとクールさを持った曲ですが、曲と歌に込められた想いの強さにも気づけます。

Tr5
感動的なメロディ、生命力と未来を感じさせるサウンドの壮大さと厚み、
切なくも力強いボーカルと歌メロのドラマティックな鼓動が魅力的です!
宇宙的なスケールの描き方、無限大に上昇していくようなメロディの描写、
その音色とイシザワユカリさんの情感たっぷりの表現が合わさっていくと、
目の前に希望が見えてきます。
美しい音色とアクティブな音色が絶妙に融合していて、
いつもまでも想いが途切れないのも印象深く、センチメンタルな想いに浸れます。

全曲宇宙的なスケールとメロディアスな描写が伝わってきますし、
ドラマティックなシーンも次から次へと訪れます。
歌声と楽曲の調和も自然なものとなっていて、イシザワユカリさんの
表情(感情)豊かな歌声が曲と重なり溶け合っていくのが鮮明に見えてきます。
デジタルサウンドに関しても、けして無機質に聴こえてきませんし
むしろデジタルな音が躍動や熱量を生み出す、大切な存在感となっています。

試聴を聴いてみてですが、Tr2とTr5が特に好みです。

イシザワユカリさんの事は氏も参加しているピアノコンピで知ったのですが、
場景がすぅっと浮かんでくるメロディアスな世界を作られる人だなと思いました。
今回のSTAR PLACEを機にイシザワユカリさんの活動を今後も注目していきたいです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

一譲 計 「空想四季」
頒布スペース L-02y

空想四季 の音源公開中SoundCloud URL はコチラです

春夏秋冬、それに梅雨をイメージした全5曲の作品となります。

春の曲は狂おしさや儚さを艶やかに、そして叙情的に描き歌い上げており、
どことなく和風の雰囲気も漂ってきます。
音の厚みやスケールの雄大さはオーケストラやシネマティック的でもあり、
あふれんばかりの想いの量を音やメロディ展開で表してる風にも思えます。
眼差し反らさず真剣に想いを出し切る歌声と曲、心が激しく締め付けられます。

梅雨の曲も憂いや切なさが見えてきますが、
どこかぼやけた部分、実態が見えてこないようなところが神秘的でしたね。
もちろん鮮明な部分も沢山含まれてますが、幻の中に入り込んだような
幻想的なアプローチが叙情性を加速させていきます。
切なくも情感深い歌唱が想いを積み重ねていって感動を伝えてくれます。
音の迫力やメロディアスなシーン描写がありますが、寄り添うような繊細な面も、
また今曲の魅力になっているのだと思います。

夏の曲は緊迫感のある雰囲気がサウンドからヒシヒシと感じれて、
そこから紡ぐメロディアスな描写が堪らなく格好良くて胸を打ちます。
徐々にクライマックスが高まっていくような曲にもなっていますし
ボーカルに関してもジックリと想いを募らせ高めていく表現となっており
幻想的で残響的なボーカルが不思議な感覚を余韻として残していってくれるんです。
心臓の鼓動にも似た音のリズムも緊迫感や緊張感を煽る効果にも繋がっているかと。
ジックリと幻想的な場景を大切な思い出を築き上げていく楽曲に思えました。
(ところどころに訪れるノスタルジックなシーンも印象深いですね)

秋の曲は繊細な雰囲気をメロディアスに描いた楽曲となっており、
ノスタルジックな雰囲気とオーケストラ的な質感を上手く混ぜ合わせていました。
穏やかな曲ですが、だからこそ歌声の叙情的な想い、繊細な音の行方が余さず見えてきて、
少しずつ想いが高まり膨らんでいくところは他の四季の曲にも通じるのかもしれません。
曲のテンション的には全体的に落ち着いたものですが籠めた想いの強さはシッカリ伝わり、
段々に盛り上がりを見せていくと感動も一緒に高まっていってドラマティックでしたね。
少しずつ曲に色味が増してくる所など曲が凄く人間味溢れててロマンス感じます。
穏やかな想いを舞台にメロディアスな場景が訪れてくる暖かみ溢れる楽曲です!

冬の曲は透き通るような描写が魅力のセンチメンタルなナンバーになっており、
切なさが狂おしいまでに見えてきて、切ない想いが高まっていくつれ
ボーカルの叙情も益々深くなっていき、まるで泣いているような歌声の叙情性が
想いを加速し厚みを作っていきます。
切ないメロディとオーケストラ的な展開感でドラマ性を増していくのも印象深く、
儚い世界ですが、温もりや強さをもった歌唱とメロディックな音世界も存在するので、
ただ切ないだけではないのが今曲の魅力へとなっているのではないでしょうか。
ノスタルジーな要素もふんだんに詰め込まれていて胸に響き沁み込みます。

どの曲もその季節をイメージさせる曲世界が出来上がっており、
切ない描写、オーケストラ・シネマティック、ノスタルジックなテイストを詰め込み、
切なくも暖かいボーカルは感情を洩らさず伝えきり、感動の場景が迫ってきます。
曲の世界観同様に、歌声(歌メロ)の深みある叙情性も聴きどころかなと思いますし、
聴き手のイメージを膨らましてくれる内容の濃い作品だと思います!

どの季節もツボですが個人的に秋の曲が好きですね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

152Hz 「ティキ・テイラーの歯車」


頒布スペース シ-21b(第二展示場)

152Hz(8さん)の最新作、特設サイトで情報発信中です。
現在全曲の試聴が公開中です、是非チェックしてみてくださいね!

Tr1
物語の始まりを告げるような澄み渡る音色が印象的な、
美しい中に儚さや切なさが垣間見えるメロディアスな楽曲です。
(神秘的な音色も印象深かったですね)
始まりを告げる一方、物語の根幹を作り出しているような感じにも思え、
最初の曲でありながら結末さえも見えてきそうな感覚にも。
全曲聴き終えた時に今曲を改めて聴きなおしたらまた違った世界が見えそうです。

Tr8
ピアノをはじめとしたアコースティックな音色が暖かい温もりを届けてくれて、
懐かしさや優しさを感じさせる感動的な曲です。
(バラード系だと思いますが、音の質感やメロディからはヒーリング系のテイストも香らせます)
8さんの歌唱表現に関してですが、伸びやかに想い・願いを紡がれ歌い上げ、
曲の世界観と呼吸を合わせながらもボーカルが独立した叙情的な世界を生み出してもいて、
切なさも暖かさへと変わっていく様な、永遠なる想いを心深く込めて歌い上げています。
この曲が最後だと作品の纏まりが一層引き締まるといいますか、良い結末を映した曲かと!

今作には今までの8さん、初めての8さん、色んな8さんのボーカルを楽しめますが、
けして各曲が衝突することなく、トータルで聴いてみたくなる印象を受けました。
そうした中から自分の中で好きな曲を見つける事ができる、今作の魅力はそういう所かと!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

G・Tワークス VOCALOID SONG COLLECTION vol.2


M3頒布スペース い-07b(I.L.C -Image Leaf Craft-)/ う-02ab(LC:AZE) 此方の二か所で委託頒布

G・Tワークスさんのボカロアルバム第二弾、
本作にも前作に引き続き折倉俊則さんが関わった楽曲が収録されているので、
気になっている作品です。

G・Tワークスさんと折倉さんのコラボというと、
ビターラブとか好きですね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

前回記事で最後と言いながら更新しちゃいました、計画性なくてスイマセン(笑)
こんな感じのブログですが、今後とも宜しくお願いします。

半蔵(メタリッカー)
| M3応援 | 23:01 | comments(0) | - |
2015 秋M3応援「9」
JUGEMテーマ:同人音楽

2015年 10月25日に開催される 秋M3 にて個人的に気になっている作品/サークルを
紹介する日記となります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

星名優子 「Trick Box」


頒布スペース い-08b ちびっこフォーク

星名優子さんの最新作は、今回のイベント限定頒布CDとなります。
全2曲の作品となりTr2は2016年発表作品の先行曲となります。

両曲ともファンタジー色のアプローチで作られていて、
メランコリックでダークな雰囲気も散りばめた鋭い情景描写が物語を妖しく描きます。

Tr1
ハロウィンな雰囲気を妖しく甘美に描き出した楽曲になっており、
刺々しいサウンドも随所に散りばめつつ、星名優子さんのメロディックな表現が
楽曲と重なっていくと夢の世界へと迷い込んだような錯覚にも似た感覚に支配されます。
ゴシック系や映画音楽に通じるドラマティック性も曲に上手く取り入れているので、
次へ次へと聴きたくなってしまうのが魅力的に映りましたね。
(星名優子さんの可愛くも情感の鋭いボーカルも堪能できます)

Tr2
アップテンポなサウンドをベースに艶やかなファンタジックを表現しています。
切なくも力強い描写、狂おしいまでに展開されていく物語がクライマックス感を加速させ
バンドサウンドの熱気と星名優子さんのエネルギッシュな表現力が合わさっていくと
狂おしいまでに曲の世界が動き出し展開されていき想いや願いが深まっていくようです。
サビの狂おしいまでに切なく鋭い情景はヘビロテしたくなる格好良さです。
そのサビに至るまで物語を持続させ想いを積み上げていく、その過程の描き方も巧みですね。

どちらの曲もアプローチは異なれどシリアスでファンタジックな表現は共通しているので、
全2曲ですが曲数以上に濃密な内容になっていると思います!
なので完売する前に星名さんのスペースへ行って購入したいですね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Roman so Words 「Es」


頒布スペース え-39a(第二展示場)

Roman so Wordsの新譜は待望のアルバムサイズの内容です。
現在サイトにて告知動画も公開が始まっています。

それを聴いてみての感想ですが、今回の新譜は過去作品に比べて
幾分ダークな要素が強めなのかなと思いました。
過去作品もそういった部分はありましたが、今回はそこを明確に意識をして、
ドラマティックな旋律と狂おしいボーカルを描き表現しています。
激しくも切ない美旋律とバンドサウンドの迫力が生み出すダイナミックな描写、
己稀さんの歌唱表現は力強さと悲哀を背負ったメロディアスなものとなってますし、
Yuiさんの音の世界も過去作品とはまた違った感触を伝えるものでしたので、
全曲どんな内容になっているのか...、そういう意味では告知動画だけでは物語の全容は
掴めないので、早く全曲聴いてみたい!そういう気持ちが芽生えましたね。

切なさや激しさもそうですが、Roman so Wordsといえば
暖かい光景や想いを紡ぐのにも長けているので、そういったメロディアスでロマン香らす、
リリカルな面も今回の新譜に取り入れているのか、気になるところです。

M3では新譜のほかに、
在庫のある過去作品やサークルオリジナルグッズも頒布予定なので、
チェックしてみてください!詳しい事はサークル公式HPにて情報発信中です!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

めらみぽっぷ 「ボクはハンター -Band ver.-」


頒布スペース か-08a(第二展示場) こすもぽりたん

めらみぽっぷさんの今回の新譜はモンハン愛が表れた楽曲となります。
エネルギッシュなバンドサウンドをバックに伸びやかなポップボーカルを、
披露した内容になっています。
聴いていると自然と元気が出てきますし楽しい気持ちが全身に駆け巡っていきます。

めらみさんとゲストボーカルさんの掛け合い的な
やり取りも良い感じにハマっていて曲に勢いや起伏、展開力が増す効果に繋がってます。
心地よいドライブ感が魅力のポップロックナンバーに仕上がったとお思います!

ミソロジアでのめらみさんの歌唱も素敵だけど、本作の様なポップな歌唱も好きだなぁ。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Laralastudioひかりの速度と君の呼吸
頒布スペース サ-21a

クロスフェードデモのSoundCloud URL はコチラです

4トラック収録の本作ですが、
今の季節(秋〜冬)にピッタリの切なくも暖かい楽曲が揃っております。
試聴を聴いてみたのですが、前半2曲と後半2曲で曲の雰囲気も違っていて、
前半2曲は優しいリズムとビートで透明感ある場景を描いています。
穏やかな速度で進んでいくのでメロディもボーカルも自然と浸透していくような、
そんな音(声)の仕掛けを感じれるのが魅力的に思えました。
(Tr1は岡崎律子さんのフルバの曲に通じる安らぎの情景が印象深かったですね)

後半2曲はポップロック系を基盤に、
エモーショナルなスタイルで伸びやかに場景を想いを紡ぎだしていきます。
バンドサウンドが生み出す力強いエネルギーと、
ボーカルの情感深い表現が組み合わさっていくと無限大の音の広がりが見えてくる様です。

全曲、親しみやすいメロディとサウンド、心に触れてくるボーカルが聴こえてくる。
ジンワリと心を潤すメロディアスなポップスになっています。

Laralastudioさんはジャケットのデザイン(イラスト)も毎作楽しみにしてます。
今回のも良い感じっす!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

応援記事は今回で一区切りです(あと一回あるかもしれないけど)
あと今までの記事からピックアップした纏め記事的なのも書きたいのですが、
現状は未定ということで一つ。

自分なりにですが応援記事を定期的に書くことが出来て嬉しかったです。
それはもう各サークル様の素晴らしい作品、
そして日頃よりお世話になっている皆様、色んな人が居てくれたからと思ってます。
本当に有難うございました!

半蔵(メタリッカー)
| M3応援 | 22:36 | comments(0) | - |
2015 秋M3応援「8」
JUGEMテーマ:同人音楽

2015年 10月25日に開催される 秋M3 にて個人的に気になっている作品/サークルを
紹介する日記となります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

SWORD OF JUSTICE(平松俊紀) 「Re:rise」


頒布スペース お-23b

個人活動、商業作品への演奏参加、ライブサポートなど、
精力的な活動を続けている平松俊紀さん個人での最新作となります。
クロスフェードデモの公開が開始しています。
Crossfade demoのSoundCloud URL はコチラです

メタルサウンドを土台に、メロディックな展開力、切れ味鋭い描写、
感動的な瞬間、力強いメッセージ、ハードロックの醍醐味が余すことなく表現された
渾身の全5曲が集結しています。

ボーカルソング、インストゥルメンタル、どちらにおいても平松さんのギターは、
緩急自在、力強く切ない、狂おしい旋律を奏で演奏しきっています!
過去曲のリメイクは只のリメイクに終わらない進化と深化を遂げたものとなっていますし、
Tr3やTr5といった他の方の作曲した曲においてもギターの冴えは益々鋭く叙情的に迫ってきて、
全編ドラマティックに支配されたものとなっています!
古き良きHR/HMのスタイルを音に宿し、新時代へ向かって再構築し突き進んだギタープレイが
感動のそのまた先の感動へと連れて行ってくれる。それだけの逞しき説得力が感じれましたね!
Solitudeの地に足がついたような情熱的な演奏も本当燃えます。

全曲がクライマックスなのは間違いありません!
今作も平松さんの代表作になるでしょうし、これだけの作品を聴いてしまうと(まだ試聴段階ですが)
次回作への期待が今から膨らんでしまいますね。いやぁ、平松さん本当すげえっす。
平松さんと今作に関わった皆様が生み出した熱き共演、是非聴いてみて下さい!

そして秋M3当日先着20名様にイベント購入特典として、
SWORD OF JUSTICEステッカーをくれるそうです!
欲しい人はM3開幕はSWORD OF JUSTICEスペースへ行くべしデス!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

重鉄労働者党 「重鉄の凱歌」

M3頒布スペース J-12ab(Aether) / お-23b(SWORD OF JUSTICE) 此方の二か所で委託頒布されます

SWORD OF JUSTICEの新作にも演奏参加しているECE-SMZさんが所属するバンドの、
ファーストアルバムとなります。

アヴァンギャルドなロックサウンドが生み出されており、
ヘヴィ&ソリッドなサウンドとワイルドなボーカルがぶつかり合った、
骨太でアグレッシブな音世界が表現されています!
パワフルな厚みと突進力のある音(演奏)はジャーマンメタルを思い起こさせもして、
でもジャパニーズロック全開の熱気あるパフォーマンスも展開されていきます。
(全体的な音の質感は80年代〜90年代のシーンを蘇らせたものといえるかも)
どこまでも鋭く赤裸々に、血沸き肉躍る世界勘が濃厚に見えてくるので、
聴き終えた時に充実感を得る事が出来るのが魅力でしょうか。

聴く人は選ぶかもしれませんが、メタルやロックが好きな人は
是非挑戦してみてほしいエネルギッシュな作品ですね!
意思の勝利2004バージョンの試聴で聴けるインストゥルメンタルの鋭い熱演も激熱です!

イベント頒布のほかにショップ通販もされますので要チェックです!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

CeleSphere『AGLAIA〜Celestial Skyword〜』


頒布スペース え-30b

ファンタジー色あふれるドラマティックな作品です。
クロスフェードを聴いてみたのですが、アップテンポでドラマ性豊かな楽曲、
民族テイストと幻想的な要素を取り入れたメロディアスな曲(ボーカルの表現が面白い)
シットリしたバラードナンバー(儚くも力強い表現力が胸を締め付けます)
民族テイストを伸びやかに押し進めた楽曲と、
試聴で聴く事の出来る曲はどの曲の作品のハイライトになりえるテンションとエナジーを
感じることが出来て聴き応えありましたね!

男性ボーカルと女性ボーカルを起用して、その曲のイメージに合うチョイスで
ボーカルさんも楽曲とシンクロしたパフォーマンスを作り出してました!

ファンタジーにロック・ポップス・バラードといった大衆音楽の要素を混ぜながら
ドラマティックなフレーズ・ボーカルを奏で歌い上げていています。
ロールプレイングゲームの主題歌や挿入歌にも合いそうな楽曲にも思えましたね。
そういう意味では創造性に富む、聴き手の想像力を刺激してくれる内容なのかなと。

特設サイトを見る限り、会場限定頒布のリミックスCDというのもあるみたい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

さくらソルフェヰジュ 「rèmənísns」


頒布スペース か-10b(第二展示場)

今回の新譜は次のアルバムに向けての先行シングルという位置づけの作品となります。
現在サイトにて試聴も公開始まっております。

Tr1
切ないピアノの音色が儚くも美しい風景を映し出し、
そこから一転してバンドサウンド全開のメロディアスな世界が見えてきます。
(ほどよくキャッチーな要素を含ませたロックサウンドなので耳にすっと馴染み浸透していきます)
アップテンポなサウンドがドラマティックに躍動していき、
しゅりさんのボーカルも切なくも力強い歌声で懸命なまでに想いを吐露していきます。
サウンドもボーカルも力強くあればあるほどに切なさや儚さが募り積もっていく。
刹那と永遠が交錯したような琴線にダイレクトに迫ってくる情景描写が感動的でしたね!
ギターもメッチャ格好良いです!激しくメロウなロックギターが胸を熱く焦がします。

Tr2
対して此方の楽曲はヘヴィー&コアなアプローチで切なさを表現しています!
サウンドの質感的には洋楽ロック・メタルのスタイルにも通じていて、
どこまでも重く鋭利に狂おしい情景を刻みつけていくのが印象的でした。
(シンフォニック系のテイストもほのかに取り入れてる気がします)
聴いていると心を全身を切り刻まれるようなインパクトのある描写に感じました。
しゅりさんのボーカルも物悲しさやダークな雰囲気を強めたものとなっていて、
想いを深く込めたボーカルを作り上げていると思いました。
スケール感のあるボーカル、ただしこれは上へ上へと向かっていくというより、
下(底)へ沈んでいくようなズシリとしたボーカルを敢えて作り上げているように感じました。
曲の雰囲気的にもヘヴィなボーカルが合いますので、良い感じの融合を生んだのかなと。

切なさや狂おしさといったものを強く意識したドラマティックな2曲となります。
それぞれ切なさの魅せ方が異なるので単体としても楽しめるし、
両曲の関係性を想像しつつ聴いてみるとまた違った世界が覗けるのかもしれません。
アルバムへの期待も自然と膨らみます。

今回の新譜(冊子付き)ですが、取り置き予約も受付中です。
特設サイトに書かれていますが基本的にイベント限定頒布とのことなので、
確実に購入したい人は予約をしておくと安心かなと!それと新譜もですが、
旧作に関しても取り置きは受付されていますのでチェックしてみて下さいね!

これらの詳しい詳細に関してましてはサイトを参照、
またはさくらソルフェヰジュの二人(るなさん・しゅりさん)のツイッターでも
M3に関する情報は更新されているとおもいますので拝見拝読するのが良いかと!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Caprice Cafe 「Radiant moments」


頒布スペース う-01b(第二展示場)

3曲収録のシングルサイズの作品となります。
試聴も公開中なので拝聴してみましたが、
ポジティブなポップスロックが堪能できる内容になっています。

どの曲からも明るさや優しさ・暖かい想いが伝わってきて、
温もりのあるメロディアスな情景と透明感のあるエネルギッシュな歌声が
優しく手を取り合って伸びやかな世界を生み出していたのが好印象でした。

メリハリのあるポップロックなTr1、
伸びやかなスケールでポップスを描く清涼感のあるtr2
アップテンポなノリで突き進むポップロックが心地よい感動を伝えるtr3、
基本軸は統一してますが色の異なるポップス・ロックをメロディアスに描いていて
聴いていると楽しい気持ちや暖かい気持ちが湧いてきます。

バンドサウンドを生かした王道系ポップロックが好きな人は是非チェックしてみて下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

もうあと一週間ちょっとで開催と思うとワクワクドキドキが増していきます。

半蔵(メタリッカー)
| M3応援 | 12:17 | comments(0) | - |
2015 秋M3応援「7」
JUGEMテーマ:同人音楽

2015年 10月25日に開催される 秋M3 にて個人的に気になっている作品/サークルを
紹介する日記となります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

YAMAGEN 「Plant That Evil One」


頒布スペース お-01b(第二展示場) YAMAGEN'S DEVILELIET

YAMAGENさんの久しぶりとなる今作は、
全3トラックのEPシングルとなります。

現在サイトで公開中の試聴を聴いてみましたが、
アグレッシブなサウンドが鋭く駆け巡り、変幻自在に唸りを上げるメロディ、
フックのある展開力・叙情的なエモーション、ザクザクしたハードな勢い、
ドラマティックなギターサウンド、テクニカルなギタープレイ、
という感じにヘヴィーメタルの醍醐味を十分に感じれる内容になっています。

勿論YAMAGENさんのボーカルもサウンドのアグレッシブに負けないパワーで迫り、
コアに歌い上げる一方、切なく狂おしい表現力も随所に感じさせるもので、
ハードな声とクリーンな声の使い分けが絶妙です!
その場面の最適を導き出した歌唱といいますか、とても自然に叙情と熱情を歌い上げてます。

洋楽メタルのスタイルを取り入れつつスケール感のある作り方をしてるのも注目です。
(サウンドの鋭利さとボーカルの静と動の魅せ方はアメリカン系・音の湿り気はブリティッシュ系に通じますね)

様々な感情と熱い感覚に支配される刺激的なメタル作品ですね。
切ない系の表現力もYAMAGENさんの大きな魅力です、今作でもたっぷり聴けそうですよ!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Corky Voce 「Beautiful Days」


頒布スペース う-41b(第二展示場)

Corky Voceの最新作は全5トラックが収録されています。

慈愛や安らぎを感じさせるメロディアスなトラック1
神聖な雰囲気と自然のもつ暖かみを音と歌でドラマティックに紡いでいます。
聖歌などに通じる清らかさや雄大さも魅力ですね。コーラスも聴き所です。

トラック2はアップテンポなサウンドが駆け抜けていくデジポップ系ナンバーです。
ロック系に通じる音の勢いも取り入れつつ
切なくも力強いボーカルが音と重なっていくと楽曲の鮮明度が一層増していきます。
それとボーカルの存在感が曲に幻想的な空気も届けてくれてそれも印象的でしたね。

トラック3はエレクトロ系のポップスナンバーになっており、
ゆるやかなビートで暖かみのあるメロディ、そして幻想的なアプローチを詰め込み、
夢の中の舞い込んだような感覚にもなれます。
紘瀬さんのボーカルがボーカロイド系にも通じるボイス加工といいますか、
ミックスに思え、そこから生まれる表現力が曲の情景とマッチしてて良い感じでしたね。

トラック4は少し物悲しい情景が見えてきます。
幻想と現実を行き来するような感覚になり、不思議な高揚感や切なさを感じれます。
ダークな雰囲気が濃いですが暖かいシーンや歌唱表現も盛り込まれてますので、
ただ物悲しいだけではないメッセージ力が潜んでいる気がしました。

壮大なスケールで奏で紡ぐデジタルポップチューンになってます。
キラキラしたメロディと暖かみ溢れるサウンドが作り出すメロディアスな情景は
新しくもどこか懐かしさに包まれたノスタルジックなシーンを運んできてくれます。
紘瀬さんのボーカルも楽曲の壮大さに合わせたドラマティックな表現に終始しており、
優しくも力強いエモーショナルな表現を生み出し歌い上げていました。
エネルギッシュな想いがいつまでも残るような、そんな感動的な曲になっていたかと。

試聴の段階からも各曲の充実度はシッカリと伝わってきましたので、
フルバージョンで聴けるのが待ち遠しいです!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Feuille-Morte 「ミソロジア」


頒布スペース か-07a(Feuille-Morte)

東方アレンジ作品や、少女病の作曲などの活動をしている
RD-Soundsさんが今回オリジナル作品を発表します。
オリジナルでの活動の時は
Feuille-Morte名義なのかな? 現在サイトにて試聴も公開中です。

めらみぽっぷさん、中恵光城さん、ギターに光収容さんと、
RD-Soundsさんの作品にはおなじみの方々も参加してて、
そういった意味での安心感と安定感を感じますし嬉しいですね。

ファンタジー系や民族系を土台とし、その枠に捕らわれない独自のアプローチの連続、
ドラマティックな旋律・プログレッシブでワールドミュージックな広がりと厚み、
ロックな勢いや刹那感、狂おしいまでに想いを零していく瞬間。
音や歌の作り出す物語性豊かな世界観に圧倒される内容になっています。

キャッチーなメロディやボーカルが聴こえる一方、マニアックに攻めている部分も多々あって、
壮大なテーマや願いが楽曲に込められているのが試聴の段階からも届いてきます。
曲の雰囲気に合わせたボーカル表現になっているのでボーカルそのものも楽器の一つのような

その曲に必要な要素を余すことなく描き奏で歌い上げているのが好印象でした!
凋叶棕の作品に通じる音の仕掛け、メロディの鮮明さや展開の切り替わりの鋭さ、
息を飲むのも忘れて聞き入ってしまう、強烈なエナジーが魅力といえるのではないでしょうか。


色んな情景や表現が見えますが全体的にシリアスな雰囲気が漂っていますね。
だからこそ中恵さん歌唱のポラリスの面白い存在感をだしてるかなと。

色んな部分において興味を惹かれる作品です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

CROW'SCLAW 「Last Occultism[Single] 」

Short DemoのSoundCloud URL です

上記サウンドクラウドのURL先のアナウンスより引用させて頂きましたが、
今作品の頒布は以下のイベントで頒布予定です。
秋期例大祭(2015年10/18日) 頒布スペース い05a
10/25 秋M3(2015年10/25日) 頒布スペース え01a
11/1 東方紅楼夢(2015年11/1日) 頒布スペース そ08b

デモを拝聴してみましたが、
躍動感と重厚さを兼ね備えたヘヴィなロックアレンジに仕上がっていました!
キレのあるギター、メロディアスにむせび泣くギター、ズシリと響くギターと、
HR/HM全開のギターサウンドが楽しめる楽曲になってますね。
バンドサウンドを土台にドライブ感あるサウンドが楽しめるのが魅力でしょうか。

鷹さんと言えばヘヴィサウンドもですが、メロディックな泣きのギターも
極上の世界観を作り上げる人で、今曲でもブルージーなギターが轟いています。
豪快な演奏と共に、繊細なメロディやテクニカルに切れ込む演奏力も大きな魅力です!
今回の曲にギターソロもあったら嬉しいなぁ。

今作は手焼きCDでショップ委託なしの会場限定頒布となるので、
完売する前に購入出来たら嬉しいですね。開幕は鷹さんのスペースかな。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

お知り合いさんのブログや、ツイッターのRTなどを見て、
情報を知る事は多いです。
自分で調べるにはどうしても限界がありますので、皆さんの情報が凄く参考になる。
だから、いつも有難うございますの気持ちでいっぱいですね。

半蔵(メタリッカー)
| M3応援 | 23:32 | comments(0) | - |