不定期更新です


バナー画像ですが、直リンク出来ませんので、
お持ち帰りで宜しくお願いします。


★ 応援しています ☆


★ 同人音楽関連の応援 ☆




















★ WEB拍手など ☆




2013年冬コミ little slow step様の企画に、
自分も参加しました。


2014年秋M3 Speeeeed!!様の企画に、
自分も参加しました。



ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Aster Complete Tracks Plus
Aster Complete Tracks Plus (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS

★なないろ夢日記☆ (管理人 半蔵)
LogoDesign HInase Shizuki Thanks!!

<< コミケ2日目に行ってきました。 | main | 光の三原色 感想日記♪ >>
ちょっかなっした!2011感想日記(長文だよw)
「ちょっと3日間お台場で気合入れて遊び過ぎたけど、
ちょっとまだまだ情熱の迸りを抑え切れないから、
ちょっとお祭り気分で新宿に出てみたら、
ちょっと面白そうなイベントやってるんじゃないかな?かな?ライブ」

略して ちょっかな を観に行ってきましたー! (2011 8/14 開催)
http://chokkana.com/



場所は新宿BLAZEと言うライブハウスで、
今年出来たばかりのライブハウスとの事だったんですが、
凄く良い感じのライブハウスでしたよ!

音の聞こえもバランス良かったと思いますし、
設備の面でも個人的な見解となりますが凄く良かったなぁと思います。
ソフトドリンク類をペットボトルで出してくれるのとか嬉し過ぎましたし。


と言う事で簡単ですが、出演者様の当日のステージの感想を。
偏り気味かもですが、そこはまあ愛の深さと言う事で御理解下さいww


takrockers!!
http://takrockers.com/

去年もトップバッターを務めたtakrockers!!が、
2年連続でのトップバッターでのステージと言う事になり、
一曲目からちょっかな公式テーマソング「ちょっかな2011」を
ロックエナジー全開でソウルフル&パワフルに届けてくれました!!!

ステージ上のメンバーの姿が見えた瞬間テンションがおかしくなり、
一つ一つの動作、演奏、歌唱、メンバーの一体感に心奪われ、
気持ち湧きたち沸騰しまくりでヤバかったっす!

2曲目は砂の城を演奏し、
パンキッシュでストレートなロックンロールナンバーを、
メンバー全員心から楽しみつつも真剣に演奏しているのが伝わってくるもので、
ガツンとテンション上げてくれる爽快感満点のロックナンバーでした!
BBさんのハイパーギターソロタイムも観応え満点でした!

3曲目4曲目の演奏前にMCがあり、
それを聞いてからの、やる気の権化とFreedom Rockersの演奏は、
何と言いますか、takrockers!!の切実&必死な姿を見れた様でもありましたw

でもまさか今回Freedom Rockers聴けるとは思わなかったなぁ・・!
takrockers!!の楽曲の中でもへヴィメタル色の強い濃厚なロックナンバーなので、
生演奏だと相当スタミナを消費すると思うのですが、
メンバー全員の入魂の演奏を観ていると、そんな心配も杞憂に思えてしまう程に、
熱くスリリングなロックを演奏しきってくれて! そんなメンバーの姿が最高でした!

そして最後のナンバーでビッグサプライズが飛び出し、
まさかのカバー、それもMintJamの不朽の名曲Rivalを演奏すると言う事に!!
この時点で涙腺相当ヤバかったっす・・まさかtakrockers!!が、
MintJamの超名曲をカバーするだなんて・・マジすげえ!デケエ過ぎる!!!

hisashiさんとmochiさんがボトムをシッカリと支え、
鷺さんが煌めきのサウンドを情熱的に奏で、
父さんとBBさんの熱きバトルが会場のボルテージを最高潮へ持っていってくれ、
もうもうヤバ過ぎる演奏だったのですが、ここで終わりじゃあなくて、
まさかのTERRAさんが途中乱入!!
何と言う嬉し過ぎるサプライズでしょうか!!!  鼓動益々早まりました!

そして奇跡のRivalツインボーカルVer.が幕を開けたのです!!

TERRAさんの強さと気高さと勇壮さを兼ね備えたハイパーボーカルと、
父さんの熱情帯びた灼熱のアグレッシブボーカルがぶつかり調和し共存する光景は、
ロックの持つ本来の意味を、歌を演奏を通して教えてくれる様で、
とても感動的で最高の瞬間でした。  泣ける(>_<)

そしてそしてギターソロタイムにおけるBBさんの演奏も最高到達点をも突き破る、
ミラクルギターソロを奏で表現しきっていてカッコ良過ぎました!

原曲ではa2cさんとGodspeedさんのツインギターソロが聴ける訳ですが、
BBさんは二人のパートを一人で演奏しきって、
メロディアスに組みたてつつも、翼をもった天馬の如く、
何処までも何処まで上昇せんとする力強くドラマティックな世界を作り上げ、
BBさんのロックギタリストとしてのプライドを情念をもプレイに確かに籠め音に宿した、
パーフェクトなギターソロタイムだったと思います!!

こんなカッコ良いカバーを聴いてしまったら、
音源でもtakrockers!!のRivaカバー聴きたいし欲しいじゃないか!!
と素直に思いました!! もっともっと聴いてみたい過ぎるーーー!

今回のtakrockers!!の演奏の全体総括。

鷺さんのメロディアスな演奏に心トキメキ、
何より鷺さんの楽しそうに演奏する姿に目頭が熱くなりました(^^)

takrockers!!の楽曲は鷺さん作曲の曲も多いので、
鷺さんを中心にメンバーが寄りそう
そう言った部分もtakrockers!!の素晴らしき魅力を表しているのかなと。

hisashiさんのベースはライブを観る度に凄まじい進化を魅せていて、
如何にhisashiさんが日々ベースと音楽と向き合っているのかが、
演奏から伝わると言いましょうか! もうもうメッチャ感動しました!

あとhisashiさんってステージングが凄いカッコ良いんですよ!
そんなに激しく動くって訳では無いんですが、
一つ一つの動作に確かな説得力を感じてしまう骨太なステージングが魅力的です!

mochiさんは重いサウンドも軽妙なサウンドも柔軟に対応し、
その場その場のタイミングにマッチした音をプレイし奏でる事に長けた、
ドラマーだなと今回のステージを観て改めてそう感じ思いました。

今回のセットリストですが全体的にロック系で固められていたので、
パワーのあるサウンドを求められていたかなと思うんですが、
mochiさんのプレイは最後まで息が途切れることなく続き、
流石takrockers!!のの屋台骨を支える御人だなと演奏を観て確信しました!

BBさんも昨年見たとき以上に素晴らしい演奏とステージングとノリで、
切れ味とドライブ感に富む、軌条あるハードロックサウンドが熱く展開され、
各演奏陣との呼吸を大事に抜群のコンビネーションをみせながらも、
ここ一番の必殺のメロディ攻勢には痺れまくるばかりでした(>_<)

そしてギターソロと同様に、リズム面の音の刻みも安定感抜群で、
この部分シッカリしているからこそ、サビを中心とした
各曲の盛り上がり部分でのメロディック&ドラマティックなフレーズ、
そして各曲での眩く輝いたギターソロへと繋がっていくのかなと思えました!

ギターソロもどれもが最高だったよぅ・・・!!
やっぱりBBさんはHR/HM、ロックに造詣が深い人です! ツボを心得ています!!

父さんは今回のライブでも
観たものの心を揺さぶる、熱くロッキン全開な歌唱をステージングを魅せて下さり、
伸びやかな歌唱、歯切れのよい歌声、キレのある動き、
何処までも力強く伸びていく感情をダイレクトに乗せた歌唱と
歌い手としてパフォーマーとして益々磨きのかかったもので終始凄かったっす!

それと決めの部分などを見ていると、
父さんもハードロックに精通している方だなぁって思えましたね!
そう言った部分の引き出しを持ちつつ、
表現豊かな表情をステージ上で満遍なく伝えきってくれていました(^o^)

あ、あとtakrockers!!はバックコーラスがメッチャ良いんですよ!!
今回のライブでもそれを堪能出来て至福でした(^^)

少し話が逸れるんですが、今回のちょっかな2011は、
オリジナルちょっかな2008年verの雰囲気を入れつつ、
よりハードにメロウに、そして各楽器隊の演奏も輪郭がクッキリ際立ち、
メンバーの妥協無き、そして飽くなき音楽への追及精神をも、
否応なく感じ取る事の出来る、そんな2011Ver.だったかと!
ある意味初心(原点)を思い出し、そこからヒントを得て、
作りげた2011Ver.でもあったのかなと思えてなりません!

それと今回ちょっかなの前日に自分はコミケへ行っていたのも関係してか、
ちょっかな2011の演奏中は涙腺が止まらなくてね・・・・・(ToT)

あと多分約一年ぶりにtakrockers!!の生演奏を観たので、
なんかもう・・(ToT) もうもうもう感動しっぱなしでした。

と、かなり長い感想でサーセンw
今後もtakrockers!!の活動を全力で追いかけつつ、
メンバー全員大好きだと言う気持ちを強く強く持ち続けたいと思いました!!

takrockers!!の皆様、飛び入りサポートゲストのTERRAさん!
当日は素晴らしきステージを届けて下さりまして本当に有難うございました!

来年もtakrockers!!のちょっかなでの演奏観たいな!観たいな!!観たいな!!!


G5 Project(Godspeed・ニケ・a2c)
http://www.vivix.info/g5/

Godspeedさんを中心としたギタープロジェクトの、
待望のファーストライブを今回観る事が出来て本当に嬉しかったです!

Godspeedさんの流麗で堅実でテクニカルへヴィサウンドに酔いしれ、
ニケさんのプログレッシブでハードに迫りくるドライブサウンドに酔いしれ、
a2cさんのメロディックで力強いハードロックサウンドに酔いしれちゃいました!

Cloudia

出だしの壮厳な旋律からしてヤバかったっす・・(>_<)
ステージのOPナンバーとして正に相応しきナンバーだなって!!

ロックを基盤に、より多角的に捉えきった曲調で、
プログレ、ジャズ(フュージョン)の要素&スリリング感も取り入れ
ギターが歌いまくり縦横無尽に駆け巡りつつも、
緩急自在、テクニカルに突き進み、様式美な美旋律も飛び出すと、
Godspeedさんの現時点での集大成であり未来への提示さえも示してくれた、
渾身の演奏が繰り広げられていました!

徐々に徐々に曲が盛り上がりをみせていくのも痺れるポイントの一つで、
サポート陣の演奏も熱を帯びていくのが自然と伝わってきてスリリングでしたよ!

この曲は今後もGodspeedさんがライブ演奏される際の
重要なセットリスト曲になるんだなぁ〜と演奏を観ていて思いましたね!

Machinery

重さラウドさの中に強烈なロックへの飽くなき主張と、
餓えに餓えた獣の咆哮さえも聞こえてきそうな、
アグレッシブでメロウなへヴィネスメタルインストナンバーで、
体の奥に眠る感情の炎がグツグツと煮えたぎり燃え盛るような熱い演奏でした!

ニケさんの生演奏は初めて観たんですが、
演奏にのめり込み入り込んだ状態の時は一種トランス状態とも言えるもので、
その時のニケさんのギラギラした目つきにロッカーのプライドが見えました!

今後も機会があったらニケさんの生演奏を拝見したいですね!

Free For All

こちらはギタリスト3人の共演となり、
サポートメンバーの演奏を背に、
三者のギターが歌う様に駆け巡る光景が映し出されて
濁りなき澄み渡った清流の如き水の中に居る様な想いに駆られました。

3人の共演で1人1人の演奏を楽しめるって意味で美味しい曲だったなと!

こう言ったフュージョン色の豊満なロックナンバーも大好きなので、
静かに燃えておりました!

Words

昨年12月にMintJamがライブをした際も披露してくれた、
a2cさんの代表インスト曲が、まさか今回も聴けてしまうなんて・・(>_<)

切ないまでにメロディアスな世界観を描ききっていて、
想い深く籠めた渾身の演奏が最後の瞬間まで途切れることなく、
一歩一歩と果てなき未来へ向け音が飛翔せんとばかりに伸びていくのが、
とても感動的でしたね〜。

原曲のイメージ&曲構成感を大事にしつつも、
より幅広い解釈で演奏しているなと言うのが伝わり、
a2cさんの演奏家としての引き出しの豊富さに痺れるばかりでした!


ちなみにバックの演奏陣も屈強な方々で固められ、
takrockers!!のhisashiさんとmochiさんがtakrockers!!のステージに引き続きの、
出演となり、抜群の呼吸とリズム感、躍動感、繊細さ激しさをもった、
重心の深い強力リズム隊を形成していました!
(takrockers!!でのステージ時の演奏も勿論素晴らし過ぎましたよ!)

そしてGodspeedさんの盟友でありSerenade、君の美術館に所属の、
あずさんも加わった現時点で考えられる最強のメンバーが揃ったステージでした!

あずさんの音の調べは繊細さの中に熱きハートを封じ込めた
叙情香る美しくも気高いサウンド&プレイなので自然と高揚感を高めてくれます。

えっと自分は機材の話や細かい部分の音楽知識に疎過ぎるので、
もっと詳細な日記は他の方のG5 Projectちょっかな日記を探して読むと良いかもw

でもマジでG5 Projectのステージはカッコ良かったですね〜!!
ライブを観た事でライブで演奏した曲が何十倍も大好きになっちゃいました!
やっぱり生演奏は最高ですね(^^) うん!!

またいつの日かG5 Projectがライブ出演する日を夢見て、
その時に聴いてみたいなって曲を個人的に幾つか挙げてみます。

MintJamの -Z- をGodspeedさんとニケさんで共演とか!
Vivixの gg をGodspeedさんとa2cさんで共演!
あとever surrenderやTransient Blueも聴いてみたいですね。
って欲望赴くままに好き勝手書いてしまいスイマセンでした(>_<)


白石稔 with Naked City.

白石さんの歌って、らきすた関係の音源以外は知らなかったのですが、
もともと声自体に特徴(魅力)がある方なので、
今回の歌も興味津津だったのですが、とても上手かったです!
元気を届けると言う意味での感動のパワーも沢山届けてくれたかなと!
(MCで笑いを届けてくれたのも愛嬌があって良かったっすw)

Naked City.の皆さんの演奏も初めて観たんですが、
安定した演奏の中にスリリングな躍動感やロックなダイナミズムも内包していて、
サウンドもキレがあって終始聴き応えがありました!
ライブに定評があるって事は聞いていたんですが、確かにと思いました!

そして白石さんをサポートするコーラス面も聴き応えありました。


回路-kairo-
http://www.k-a-i-r-o.com/

回路のステージをちゃんと観るのは初めてだったんですが、
(去年のちょっかなは休憩してて観ていなかったんです)
何て言いますか、すっごくカッコ良いバンドですね!

演奏もタイトですしへヴィなグルーブも持ち合わせていて、
ギターサウンドもメタリックな質感が凄くクールでした!
(あとコーラスが凄く激しくて脳にダイレクトに響きわたり興奮しました)
演奏同様に、迫真の歌唱にも凄いの一言だったなぁと。

最後の最後までメンバー全員の渾身さが伝わるステージだったので、
自然と回路の世界観に惹き込まれている自分がいました。

回路の作品は少しずつ集め始めているので、
アルバム聴き込んでもっと勉強したいと思います!


この後の出演順がうろ覚えになっちゃって(汗)
たしか六弦〜eufoniusの流れだった筈、間違ってたらスイマセン(>_<)


六弦アリス
http://www.rokugen.net/

六弦アリス自体は数枚しかアルバムを持っていないのですが、
今回のライブを観て改めて気になるサークルとなりました!

どちらかと言うとメタル色の濃ゆいハードなステージで
パワフルさと憂いさを絶妙なさじ加減でコントロールしつつ、
妖艶で耽美でファンタジックで力強い世界観をライブと言う場で、
情念籠めて作り築きあげようと言う意志の強さが伝わってくるステージでした!

又ライブ衣装も櫻井アンナさんの手作りとの事で、それも素晴らしいなと!


eufonius
http://www.eufonius.net/

riyaさんの生歌は初めて聴いたんですが、
生歌だからこその温もりやライブ特有のノリも感じれて良い感じでした!

クラナドのメグメル初めて生で聴けたし、
true tearsのリフレクティアも聴けるなんて・・嬉し過ぎた!

あと夏コミで発表した新作からも一曲歌ってくれたんですが、
それが凄く凄く良い曲だったんですよ〜(^^)  なのでCDチェックしたくなりました♪

暖かくて澄み切った透明感と空気感が共存したステージだったので、
また機会があったらeufoniusのステージ観たいですね♪


C-CLAYS
http://www.c-clays.com/

C-CLAYSのステージは初めて観たんですが圧巻でした!

ダンサーを従えたステージと言うのも、
同人系サークルのライブとは思えない斬新さと派手さを伝えてくれましたし、
聴覚は勿論のこと、視覚の面でも大いに楽しませてくれる、
そんなキラキラしたステージで観応え満点だったかと(^^)

個人的にも最近
C-CLAYSの看板ボーカリスト小峠舞さんの活動が気になっていたので、
どんな歌い手さんでどんなステージを届けてくれるのか、
非常に楽しみにしていたんですが、
予想以上のステージングで もうメッチャ良かったです!!!

感情表現豊かで声量のある伸びやかな歌いっぷりも凄かったんですが、
キレのあるステージングにも釘づけになってしまう程でものすっごカッコ良く!
2曲目か3曲目の終盤での蹴り上げての決めのポーズはメチャROCKでした(>_<)

途中観客に指示を仰ぎ、曲中の振付を教える時間もあったんですが、
こう言った部分も皆で楽しもうと言う雰囲気が伝わってきて良かったですね。
自分も下手なりに振付っちゃいましたww

今回かなりハマってしまったのでC-CLAYSのライブはまた観たい観たい!!


音影
http://www.otokage.com/

音影のステージは元気貰えるなぁと言うのが率直な感想です!

歌も演奏も抜群ですし、ノリも凄く良く、
ロックを基盤にドラマティックな王道一直線ロックを描き出していて、
観ていて自然と拳をギュッとしてしまいますし、
血沸き肉躍るって、こういう感覚の事を言うのかなとステージを観ていて思いました。

あと今回ハルヒの曲をカバーしたのも面白いなぁと思いました♪

曲中殺陣シーンを入れたり、MCで音影となんぞやを言ってくれたり、
演奏とは違う部分での演出や盛り上げ方って言うのも
エンターテインメント性に溢れ漲っており体を動かさずには居られませんでした。

ニンニンと熱く燃えられ元気とスカッとした感動を沢山補給できる、
最高の修行でしたww


民安★ROCK
http://tamiyasurock.net/

民安★ROCKのステージを観るのも今回で五回目だったのですが、
今回もエネルギッシュで爽快感のあるステージを披露して下さり、
ポジティブな元気を一杯貰えるステージだったと思います。

民安さんの歌とステージングを軸に、
各メンバーが民安さんを盛りたてつつも個々の演奏に集中していて、
終始安定した演奏を届けてくれました!
ライブの場数が多いバンドの底力を垣間見れるステージでしたね!

あとバンドがステージを作り上げていく事は勿論のこと、
観客も含め全員で民安ROCKワールドを作り上げているなとも思えました。
こう言った部分の観客とバンド側の一体感の作り上げ方、盛り上げ方というのも、
民安★ROCKの魅力の一つと言えるのかもしれませんね。

また今回自分にしては珍しく最前にまで行っちゃいました。
それも折倉さんの眼の前位の位置まで行ってしまいましたよー!!
折角だしねって事でw ここまで至近距離で折倉さんの演奏観たの初めてだったかも!
もう・・もう・・めっちゃ最高の演奏だった!!
折倉さんカッコ良過ぎたーーー!!うおおおぅテンションやばい!∩( ´∀` )∩

折倉さんのステージングって割と控えめではあるんですが、
堅実に一つ一つの音を大事に、他のメンバーとの調和も考えつつ、
その中でもファンキーな音の刻みや、メロディアスなフレーズを随所に盛り込み、
ハル・コイに代表されるココ一番のギターソロは正にロックンロール全開で、
メロディの組み立て、上り詰め感、
全てが流麗に映るもので今回も素晴らしいギターソロをガッツリと堪能しました!
また折倉さんの生演奏をめっちゃ観たいですね♪


Asriel
http://asriel.jp/

Asrielのみ体力の限界で観てないんです、ゴメンナサイ(汗)


et nu

et nuも最近気になっていたバンドの一つで、
ニコニコ系の方々が集まっていると言う点では、
Lunetiaなども有名ではありますが、
こちらのet nuもロックを基盤とした演奏と歌唱で、
迫力さで惹き込むと言うよりは、ジックリと世界に連れ込んでいくって感じで、
ジワジワと感動のエモーションが体全身をギュッと包み込むって感じですかね!

演奏曲はどれも聴き応えあり、
個人的に[It's not]World's endと、サクラノ前夜が聴けて大満足でしたぁ!

et nuは夏コミでフルアルバムを発表したので、
気になる方はアルバムクロスフェードをチェックしてみて下さいね!
個人的に今後の活動がメチャ楽しみなバンドです!


全体的なちょっかな総評っぽいの。

今回一組だけ観ていないので総評とかどうかとも思うのですが、
どの出演者様も個々の魅力を伝えるステージを魅せてくれたんじゃあないかなと
思います。 機会があれば次も観てみたいって思える出演者ばかりでした!

初めて観た中で気になったのは、
G5 Project C-CLAYS et nuですね。
また観れたら良いなぁ・・!

この日記を読んだ貴方が気になった当日の出演者はどれでしょうか?


ちょっかなは2009年から観に来ているんですが、
今回も感動と元気を沢山沢山貰える最高のライブイベントでした。

出演者の皆様、スタッフの皆様、ライブハウス様、来場者の皆様、
そしてちょっかな主催のHAZE様

特にHAZEさんはちょっかなの運営面や進行面、当日までの準備、
各出演者様の交渉、ライブハウス様との交渉(話し合い)などなど、
全ての事に目を配っていなければですので、
本当に大変だったかなと思うんです。

当日もフロアとステージ内を奔走しつつ、一人一人の声に耳を傾け、
イベントを盛り上げようと動きまわっているHAZEさんの姿を何度も見て、
その度に目頭が熱くなると言いますか、グッと込み上げるものがありました。
HAZEさん本当にお疲れ様でした<(_ _)> そして本当に有難うございました!!


何度も何度も言っちゃうんですが、
素晴らしき一日を皆さん本当に本当に有難うございました。

まら来年ちょっかなが開催される事を願って・・!
ちょっかなっしたーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


オマケ追伸 (と言いつつ長めでスイマセン)

ライブの感想では無い部分の話を少ししますが、
これは、ちょっかな以外のライブでもそうなんですが、
お目当てのアーティストさんが出演を終えた後、
フロア等で会えて話が出来たりするのも楽しいなぁと。
皆さん気さくに話をして下さって凄く嬉しかったですね。

あと出演者の皆様に限らず、来場者の中にも、
日頃お世話になっているマイミク&ツイッターでお世話になっている人と、
会えたりもして嬉しい一日となりました。
初対面な方とも会えて、勢いでマイミクになっちゃいましたし(^^)v

皆さん自分とは違う目線や視点から音楽を語って下さるので、
話を聞くと凄く参考になって勉強にもなり、有意義過ぎる時間でした!
また皆さんに会える日が楽しみです。

と言う感じで、日頃交流のある方と会えるのも
同人系イベント&ライブの醍醐味だなぁと改めてですが思った訳です。

あとtakrockers!!ブースで貰えた、
ちょっかなイベント限定無料配布CDも聴いてみましたが、
2曲とも凄く良かった!テンション上がったわ!takrockers!!ハァハァ(*´д`*)

ではでは改めてちょっかなっした!

半蔵(めたりっかー)
| 日常日記 | 19:15 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 19:15 | - | - |
コメント
コメントする