不定期更新です


バナー画像ですが、直リンク出来ませんので、
お持ち帰りで宜しくお願いします。


★ 応援しています ☆


★ 同人音楽関連の応援 ☆




















★ WEB拍手など ☆




2013年冬コミ little slow step様の企画に、
自分も参加しました。


2014年秋M3 Speeeeed!!様の企画に、
自分も参加しました。



ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Aster Complete Tracks Plus
Aster Complete Tracks Plus (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS

★なないろ夢日記☆ (管理人 半蔵)
LogoDesign HInase Shizuki Thanks!!

<< 2013 秋M3での折倉俊則さんの活動を応援しています! | main | 2013 秋M3 このサークル・作品が気になっています 「17」 >>
2013 秋M3 このサークル・作品が気になっています 「16」
JUGEMテーマ:同人音楽

2013年 10/27日(日曜)東京流通センター(TRC)にて開催される秋M3で、
個人的に気になったサークルの新作についての
ピックアップした(紹介、宣伝を兼ねた)日記となります。

2013 秋M3 応援リストURL http://nijidayone.jugem.jp/?eid=406

         10 11 12 13 14 15

adHoc World 応援記事
 折倉俊則さん応援記事


※更新は不定期となります。※

M3公式ホームページ
M3 公式HP

M3カタログ、各ショップにて販売が開始されています。
http://www.m3net.jp/attendance/catalog.html

------------------------------------------------------------------------------

『Pieces of Mana 2』


M3 頒布スペース 第二展示場 2階 フリースペースNo. ク-21 + 22

ときまどうしが今回発表するのは聖剣伝説2のアレンジミニアルバムです。
トラックリストを拝見する限り今回は全3曲収録されているみたいです。
アコースティックサウンドを軸とした心に残る珠玉のアレンジ・演奏が聴けます。

Resonant SoundのIsamiさん、Zephyr Cradleの大臣さん、
皇兵交響楽団さん、Sing, R. Sing!のポールさんが参加しています。

トラック1は物悲しい中に暖かい空気感が宿ったメロディアスなアレンジとなっていて、
素朴な温もりと、滑らかな旋律、多方面に広がっていくサウンドの煌びやかさ、
アコースティックサウンドの温もり深い音色が奥深い情景を描き出していますね。
アコースティックギターのみでも世界観をシッカリと作り上げているのですが、
打楽器が入る事で、より音に厚みが増して、キラキラ、ゴージャスな雰囲気も感じれます。
力強いけど繊細な音色なので、聴き心地が良いと言いますか。打楽器のアレンジ絶品です。
Isamiさんのアコギは歌心を凄く感じれて、浪漫も感じれて聴き入ってしまいます。

トラック2は明るくのどかなポップスアレンジになっていて、
ポールさんのハーモニカの雄大な音色とアコースティックサウンドの共鳴が、
音に豊かな世界観を作りだして、打楽器の音色も曲の根幹をシッカリと支える役目となり、
全体のバランス、各演奏の息の合い方にも気づける、エネルギッシュなアレンジです。
アコースティックギターのみのラフ試聴を聞くと、ギターがかなり伸びやかに演奏され、
曲上を駆け抜けているのが解ります。Isamiさんのソロプレイにも注目かなと。

トラック3の試聴はまだ公開されていません。

アコースティックサウンドが基調となっていますが、
全体的なサウンドのエネルギーは相当に高いものとなっており、熱を帯びた演奏、
各音色の放つ緊張感がほどよいスパイスとなって、アコースティックの世界を広げます。

原作・原曲のファンの人は勿論、アコースティックサウンドが好きな人に、
広く広く聴いてみて欲しいアコースティックアレンジ作品だと思います!

全曲のMP3ファイルも同時公開されるそうなので、
M3へ来れない人、来たけど完売していた、と言う場合はMP3で是非聴いてみて下さいね♪

--------------------------------------------------------------

『EMOTIVE BRILLIANCE -A State of Rock-』


第一展示場 スペースNo. A-33b Polo Rockers / Sprite Recordings

Sprite Recordings レーベルが発表する今回の新作は、
ロックな楽曲を集めたコンピレーションCDとなります!

setzercittan*さんClean Tearsさん等々、名うてのコンポーザーが参加し、
めらみぽっぷさん遊女さん仲村芽衣子さんなど、魅力的なボーカル陣が集まっています。
クロスフェード試聴が公開中です。

全曲アグレッシブでエモーショナルで、センチメンタルでもあって、
ロックの魅力を最大限に出し切った渾身の情景が描き映し出され歌い上げられています。
熱い想いがグイグイ突き進んでいくのですが、ふとした瞬間に憂い(切なさ)も見えてきて、
そうした刹那的な感情の移ろいを逃さず捉えきって、起伏あるドライヴィングロックが続きます。

音(演奏・歌唱)の押し引き、メリハリのつけ方も上手くて、
こうした面も曲の起伏・スケール感の高まりと深まりに繋がっていき印象的でした。
各ボーカルの魅力が120%出るサウンドを各コンポーザーが作り上げていて、
ボーカルの魅力を引き出すと共に、自身の音楽アプローチもステップアップさせた、
進化・成長の軌跡を辿る事の出来る楽曲が集まったと言っても過言ではありません!

大好きなsetzerさん、めらみさん、遊女さんの参加がとにもかくにも嬉しく、
参加している曲もメッチャ格好良いロックで熱い気持ちが湧きあがりエモーション浸れます。

setzerさんが参加しているトラック5は謎の人物Kさんボーカルなのですが、
ザクザクしたドライヴィングハードロックナンバーとなっていて、
謎の人物Kさんの切なくも情感鋭い歌唱とsetzerさんのアグレッシブなサウンドが共鳴し、
躍動感に富むエモーショナルロックを表現しています。メロディの組み立てが屈強で、
setzerさんのロックがフルスロットルで聴ける内容になっています。

遊女さんが歌唱参加したトラック9はcittan*さんとのコラボレーションなのですが、
淡い切なさを滲ませつつ、力強い感情が伝わってくるノスタルジーなロックナンバーとなり、
遊女さんの狂おしいまでに感情を深め想いを伝え歌い届ける姿に感動を受けれます。
ロックですが、メロディ展開など、バラード調、ロックバラード的でもあるのかなと思います。

めらみさんが参加したトラック2はかめりあさんとのコラボとなっていて、
サビ前にダークな鋭さを充分に作り出しつつ、サビで一気に光溢れる情景を魅せていき、
光と影の魅せ方、移り変りを上手く描き出し歌い上げているロックとなっていました。
デジタルの勢いも上手く取り入れ、パワフルな激しさがアグレッシブに押しよせてきます。
めらみさんのハスキーなロックボーカルも聴けて燃え燃えです!

あと気になった曲は、トラック4のえでさんのハジケまくったロックボーカル、
トラック1の王道ガールズロックな勢い、エネルギッシュな情景もグッときます。
トラック8の煌めきと叙情が混在したバンドロックもエモーションが煌びやかに聴こえ、
ほたるさんのウィスパーを少し効かせたロックな表現が瑞々しい感動を誘います。

もちろん全曲様々な形によってロックを表現していて、
基本どの曲もアップテンポなノリが聴こえてくるのですが、
切なさや憂いを散りばめていますので、曲が一本調子になること無く、
ドラマがシッカリと投影され宿っているのが本当感動的でしたね....!

全編(全曲)に渡ってロックの在り方・魅せ方に拘って作られた作品になっていますので、
ロックが好きな人は是非触れてみて欲しい一枚です。

ショップ予約も始まっております
とらのあな メロンブックス Dステージ あきばお〜こく

M3に来れない場合はショップを是非ご利用してみて下さいね。

クロスフェードの一曲目が聴こえ出す前のイントロダクション的な部分も、
スタイリッシュで格好良いです!これからクロスフェードが始まっていくワクワク感を
高めてくれます。こうした演出好きです♪

--------------------------------------------------------------

 Unbirth』 Rising Sun Nova
M3 頒布スペース 第一展示場 スペースNo. O-18b


Rising Sun Novaのファーストシングルとなる今作、
メンバーとなったコツキミヤさん参加最初の作品となります。
試聴も公開中です。

幻想的で重厚な音楽をコンセプトに掲げ制作されていると、
サイトにて書かれていたのですが、
その言葉が嘘偽りないという事を、各曲の試聴が強烈に伝えてくれています。

デジタルサウンドの機動性、躍動感を最大限に生かしながら、
重さや激しさを音に籠め、スタイリッシュ&クールな美旋律も流れだし、
幻想的なデジタル世界に何処までも深く深く入り込んでいける内容になっています。
(テクノ、エレクトロ、トランス、ハードコア等々、デジタルミュージックの魅力が詰まってます)

デジタルサウンドの無機質な部分も鋭利に尖らせながら臨場感も生み出していき、
有機的な広がりにも変っていく、メロディアスな展開力が絶えず持続していく様は圧巻です!

コツキミヤさんと言えば自身の作品でもデジタルサウンドを活かした作品(曲)を
数多く残してきましたが、デジタルの世界観に合う歌唱表現をお持ちなのだなぁと、
改めて思える、深さと憂いさを併せ持ったエモーショナルな表現が繰り広げられております。
Aikawa Razunaさんの表現力豊かな感性とコツキミヤさんの情感帯びた表現が、
ガッチリとタッグを組んで躍動感溢れる力強い世界を紡いで歌い上げています。

廻り廻り変化を遂げていく情景に移り変わり、切り替わりの魅せ方に圧倒されますよ・・!

Rising Sun Nova ライブ情報

2013年 12月22日(日曜) 大塚 Heart+ にて開催されますライブイベント
「Star Sonic Party 2013-sound01-」
http://re-tone.com/ssp/

こちらのライブイベントの第1部(open 12:30/ start 13:00)に
Rising Sun Novaが出演されます。チケットはM3でも頒布されます。


--------------------------------------------------------------

『いつかは消えてく、悲しい優しい森へ』 Soranetarium


M3 頒布スペース 第二展示場 スペースNo. お-01b

Soranetariumの今回の新譜はくりすてさんのプロデュースによる、
コラボレーションシングルとなります。
クロスフェードが公開中です、あと秋M3での結月そらさんの参加情報も、
特設サイトに掲載されていますので合わせてチェックしてみて下さいね。

こうしてクロスフェードを聴いてみると、結月そらさんとくりすてさんの
繊細で温もり深い、そして幻想的な世界観が鮮やかに迫ってきます。
歌詞も幻想と現実が上手く混在していて、ハッと驚く言葉選びになっています。
曲が作る空気感はどこまでも美しく透明感あって、そしてノスタルジーです。

もなか知弘さんのイラストにインスパイアされたような優しくも繊細で切ない、
そういった感覚を受けましたね、音楽面がイラストの創造性を深めた事も勿論に言えて、
相乗効果、自然な滑らかさによって絵と音が織りなす不思議な物語を描いてます。

ジャンル的には幻想系ファンタジーに分類されるのかもですが、
ポップスの要素やメロディアスな要素、トラッド、原生林的な、森の中に迷い込んだ様な
自然のエナジーが全体を包み込んでいる風にも聴こえて独特だなぁと。
結月そらさんの表現力が二人の少女の行く末を丁寧に描き綴り歌い上げています。
(コーラスも幻想的な美しさを零していきます、余韻が残る美しさです)

クロスフェードを聴いた限りでは、
トラック1がドラマティック性高めで、トラック2は繊細な面が強めな曲世界です。
でも、どちらの曲も力強く、そして繊細で切ない、情感と憂いが感じれて耳にいつまでも
残っていきます、伝えたい想いや、込めた世界観の結末に触れてみたくなる。

色々な意味で大切さを振り返れる作品内容になったのかなと。

今回の秋M3ですが、夏コミで発表した「Refolah Pharatia」も増産して
再頒布されますので、まだ持ってない人は是非御検討なさってみて下さいね!

Refolah Pharatia 特設サイト
http://soranetarium.com/riph0001/

結月そらさん ライブ情報

2013年 12月22日(日曜) 大塚 Heart+ にて開催されますライブイベント
「Star Sonic Party 2013-sound01-」
http://re-tone.com/ssp/

こちらのライブイベントの第1部(open 12:30/ start 13:00)に
出演されます。チケットはM3でも頒布されますので要チェックです!

--------------------------------------------------------------

『fancy』 Meno


M3 頒布スペース 第二展示場 スペースNo. え-13b

今作はMenoさんのファーストシングル作品となります。全2トラック収録です。
現在サイトにてクロスフェードとPVが公開中です。

fancy PV


PVは冒頭のMenoさんのタイトル名を喋る所も必聴ポイントかなと思うのです♪

鮫肌胤興さんをコンポーザーにお招きし、
ノスタルジーで退廃的(ノイジーな要素も)で幻想的な、
深みある情景と歌唱が表現されています。

fancyというタイトル名が示すような、空想的な内容になっていて、
大人と子供の両目線(視点)から世界に向け眼差しを届けている様でもあり。
独特の空気が漂っているのは間違いないです。

モノクロなカラーが似合う情景と言いますか、切なさや儚さが零れてきて、
アングラ、アンビエント系に通じる深層に迫ってくるボーカルでありサウンドでした。

Menoさんの透明感と情感帯びた歌唱を軸に、
トラック1は幻想的で退廃的な要素が濃いノスタルジーが描かれており、
トラック2は狂おしい想いが幾重にも重なって、音と歌の厚みが生み出す
嘆きにも似た、渾身の想いが木霊していくノスタルジーでアンビエントな一曲になっています。

両曲ともMenoさんの作りたい世界観を映せていると思いますし、
パーソナルな面も浮き彫りに。
過去に発表した二枚のアルバムの情景とは又違うノスタルジックを表現出来ていたかなと。
Menoさんの紡ぐ等身大の想い、鮫肌胤興さんの魅力的な音楽世界とマッチしております。

個人的にトラック2の情景が好きです。
2曲ともフルバージョンで聴いたらどんな世界が想いが見えてくるのか、期待大です♪

------------------------------------------------------------------------------

追伸
台風情報と睨めっこな毎日

半蔵 / メタリッカー
| M3応援 | 22:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |
コメント
コメントする