不定期更新です


バナー画像ですが、直リンク出来ませんので、
お持ち帰りで宜しくお願いします。


★ 応援しています ☆


★ 同人音楽関連の応援 ☆




















★ WEB拍手など ☆




2013年冬コミ little slow step様の企画に、
自分も参加しました。


2014年秋M3 Speeeeed!!様の企画に、
自分も参加しました。



ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Aster Complete Tracks Plus
Aster Complete Tracks Plus (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS

★なないろ夢日記☆ (管理人 半蔵)
LogoDesign HInase Shizuki Thanks!!

<< 2017秋M3応援記事その2 | main |
2017秋M3応援記事その3

JUGEMテーマ:同人音楽

 

2017年10/29日に開催されるM3秋で個人的に気になったサークル・作品の

応援記事的な、そうした内容のブログ更新となります。

(主に作品紹介ページの試聴を聴いてみての感想を書いてます)

 

------------------------------------------------------------------------------

 

A little bit 「Romantic Emporium」

M3頒布スペース 第一展示場 K-12a

 

 

後藤ハルキさんの新譜の試聴が全部公開されたので、

駆け足ですがクロスフェードを聴いた感想を書ければと思います。

 

Tr1

賑やかで明るい暖かいジャズナンバーとなっています。

ウキウキした気持ちや前向きな気持ちでアクティブに想いを綴っていく、

ハートフルなジャズ世界が元気と感動を届けてくれます。

後藤ハルキさんの表現も優しさや愛が詰まったロマンティックな歌声です。

Tr2

心地よいノリが魅力のポップなジャズナンバーで、

オシャレなサウンドをバックに後藤ハルキさんの歌唱も

瑞々しく弾むように歌い上げており聴いた人を元気にしてくれる歌声です。

Tr3

大人な雰囲気とクールな部分が上手く混ざったジャズナンバーで、

洋楽のジャズに通じるダンディ&エレガントな情景が癖になります。

後藤ハルキさんの表現も堂々としており強さと憂いを絶妙にブレンドした、

ロマンティックな歌声で迫ってきて、もう格好良いの一言です。

Tr4

優しく可愛いジャズポップスになっており、

晴れ間が差すような明るさが元気や勇気を運んでくれるようでもあり、

ポジティブな想いが伝わってくる、応援歌にも似たジャズ曲です。

日情景楽曲といったら間違いかもですが、日々に寄り添う情景ですね。

Tr5

穏やかな雰囲気でノンビリとした情景が、休憩・休息を運んでくれるような、

安らぎを表現したポップなジャズ曲になっていると思います。

臨場感ある楽器音と後藤ハルキさんの暖かく優しい歌声が

アコースティックな空間を鮮やかに描き出しているのが魅力的です。

Tr6

今作で一番シックで切ない雰囲気が詰まったジャズ曲となっており、

メロディアスな音色と後藤ハルキさんのポップ要素を排除したクールな

表現力がロマンティックな光景をより鮮明にしていき、

熱情と抒情を帯びた情景が狂おしいまでに胸に響き続けていきます。

(アコーディオンの音かな?もメッチャ良い音色で惹かれます)

Tr7

日常感のあるポップなジャズナンバーで、

どこかドタバタ感を感じれる所もコミカルに感じれますし、

自然と笑みがこぼれるような光景と後藤ハルキさんの優しい歌が、

また明日!というエネルギッシュな活力を運んでくれます。

こうしたアクティブでポジティブな要素が大きな魅力なのかなと。

 

一曲一曲の個性的な世界観は勿論のこと、

クロスフェードの段階ではありますが通して聴くことによって、

それぞれの曲が繋がっていくような、想いが広がっていくのが

今作の魅力にもなっているのかなと思いました。

(Tr1とTr7に挟まったほかの曲の存在感や意味も、とかとか)

いろいろ想像が出来るのも今作の良いところといえそうです。

後藤ハルキさんの伸び伸びとしたジャズボーカルが堪能出来る作品です。

 

 

MintJam 「ONE」

M3頒布スペース 第一展示場 R-02ab

 

作品の紹介ページはこちらです

 

トラック1はアグレッシブなロックナンバーとなっており、

出だしからヘヴィーなテンション炸裂で心臓に衝撃が巡ります。

ラウドなギターも唸りを上げるように泣き叫ぶように突き進み、

TERRAさんの歌も激しさと抒情性を感じさせる、

そして威風堂々とした力強い表現が聴こえてきます。

強い激しさと切なさ・狂おしさの先に見える光景、

果てしないメッセージ力が見えてくるストイックなロック曲です。

トラック2も出だしからインパクトのあるサウンドが聴こえてきて、

どちらかというと今曲はJロック系のスタイルを感じさせます。

歌心のあるメロディやサウンドは、ある意味ではボーカル先行で

作り出された楽曲の世界観にも思えるくらいに歌とのシンクロ度が高く、

より深い部分か見つめ語りかけてくるような、そんな感覚にも。

メロディアスな部分に関してはトラック1より密度が濃いかもです。

 

トラック3はトラック1のギターインストVer.となっていて、

ボーカルの存在感を引き継ぐような、歌がギターへバトンを渡すような、

全編に渡ってギターの主張や感情の叫びが見えてくようです。

ヘヴィだけどドライブ感もあるので充実感のあるギター曲です。

 

 

少女シュバリエ 「絶対栄光ミリタント」

M3頒布スペース 第一展示場 P-02a 三ツ星☆リストランテ

 

 

試聴最初の曲は強すぎるまでに想いや意思が伝わってくる、

でもどこか危うさも見えてくる、

浪漫やメロディックな要素を鋭く描き出しているのが印象的です。

意思や宣誓を読んでいるような、日記的な雰囲気も感じれて、

強い言葉と裏腹にメロディックな曲や狂おしく儚げな歌唱も聴こえてくるので、

文面だけではけしてない複雑な心情も見えてくるのがドラマティックでした。

続いての曲は儚げな雰囲気をロマンティックに表現していて、

切なさや狂おしさとネガティブな部分が先行しますが、

試聴中盤ではガラッと変わるところも聞けて、劇的性がある楽曲だなと、

悲しみを背負いつつ歩を止めないような新年の深さのようなものが強烈です。

最後の曲は今までの曲の流れを背景とした結末や想いのめぐりを表現してる様で、

切なく儚い出来事を経て各々がどんな決断を歩みを選んだのか。

 

影を残したメロディアスな曲と狂おしい歌唱が物語の代弁者のように

一つ一つを刻み綴っていくような内容になっています。

手記や体験記的な感覚に近いものを得られるといいましょうか。

 

ヨーロッパ音楽の豊かな色彩感と物悲しくも意思深いアプローチが、

うまく混ざり合った内容になっていると思います。

 

 

At the Garret 「石の花」At the Garret 2ndsingle

M3頒布スペース 第一展示場 P-02a 三ツ星☆リストランテ

 

 

トラック2ですがドラマティックなシンフォニック系楽曲となっています。

力強さと切なさ(憂い)を狂おしいまでに描き歌い上げていて、

美しい音色とバンドサウンドの音が絶妙でドライブ感のある展開感で

その中でもピアノの流麗でタフな演奏が煌めきを加速する様に鳴り響き、

Akariさんの歌声もスケール感と勇壮さを併せ持った表現に終始しており、

激しいまでに感情を出す場面もあれば優雅に鋭く歌い上げる場面もあり、

熱情と抒情を両方感じれる歌唱でしたね。

ドラマティックな瞬間が止むことなく訪れていくのが今曲の魅力でしょうか。

(デモ動画冒頭や試聴データの最後に聴けるボイスも耳に残ります...!)

 

トラック3はアンティークでロマンティックな楽曲となっており、

どこか懐かしい部分、そうした部分を幻想的なアプローチで作り上げています。

(ノスタルジーでアコースティックな音色も良い感じです)

穏やかな雰囲気で少しずつ少しずつ物語が浮かび上がってくるような、

優しい雰囲気もありますが全体に漂うのは切なさや可憐といったもの、

そして繊細な曲の世界観に終始しているのが印象的でしたね。

Cotoさんの歌唱も穏やかに切々と、メロウな表現で迫ってきて、

昔話を聴いているような感覚にもなれる物語性のある歌唱となっています。

ある意味、お伽噺 的な部分を色濃く描いた楽曲なのかもしれません。

 

上記の2曲、それぞれ個性的な光景や心情が伝わってきますが、

共通するのはドラマティックであり、各音色と歌声の相性の良さ、

届く光景が止まらずに映り続けるところ、物語性のある内容になっています。

 

 

TinyPeace! 「カラフリング」

M3頒布スペース 第一展示場 F-16b

 

 

トラック1は爽やかなポップスナンバーとなっており、

軽やかなメロディに乗って雪ノRENさんの歌声が瑞々しく駆け抜けていきます。

オープニング曲らしさを意識したような始まりを告げるような

アクティブな躍動感が心地よい感動を運んでくれます。

トラック2はキラキラピコピコな質感も取り入れたポップなナンバーで、

可愛らしい光景の中にセンチメンタルな煌めきも散りばめており、

キュンと来るような感覚に。ふうにゃんさんと雪ノRENさんの掛け合うような

デュエットはまるでキャッチボールをしている様で息ぴったりです。

トラック3もピコピコ要素を取り入れたものでよりキラキラ度を感じさせます。

ポップなノリで楽しい雰囲気が伝わってくる一方、

デュエットならではの声の厚みで迫るので明るい部分以外の感情の伝わりも

聴こえてきます。伸びやかな情景が心にストンと入ってきますね。

トラック4は作品中一番ロック要素を強めたもので、

(曲の疾走感&スケール感はシンフォニック系にも通じますね)

ドラマティックな旋律をバックにメロディアスなデュエットが聴こえてきて、

力強さと切なさを感じさせる凛とした空気感が堪らなく格好良いです。

大切な想いや意思の深さも見えてくる楽曲といいましょうか。

 

個人的にトラック4が好みです。

 

TinyPeace! 「Like to shine!」

M3頒布スペース 第一展示場 F-16b

 

 

カラフリングと同時に頒布する今シングルは、

元気や勇気を土台にアクティブでエモーショナルな想いで、

目いっぱい表現したポップロック系となっています。

力強くセンチメンタルなサウンドと雪ノRENさんの強い表現力が

お互いの手を握るように、協力するように融合を果たしていて、

何処までも葉払いていく、駆け出していく、前向きなエネルギーに

満ち溢れているのが伝わってきました。

色んな想いや記憶を大事にしつつ新たな道へ未来へと向かっていくような、

メッセージ色のあるポップスになったのかなと思います。

 

雪ノRENさんのCDは持ってないのも多いので、

今回の新作とともに旧作も頒布されたら購入したいですね〜!

 

 

------------------------------------------------------------------------------

 

なにやら新たな台風の気配が週末に......、どうなるのか....

| M3応援 | 22:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |
コメント
コメントする